事業内容 BUSINESS

清掃管理業務
日常清掃
建物の汚れやすさの度合いによりエリア区分を行い、エリアごとに作業の頻度や方法を変えることによりコストと美観の最適化を図ります。 清掃方法は材質に応じ適切な方法をとります。
定期清掃
弾性床材
汚水の排出が抑えられ素材や環境に優しいドライメンテナンスなど施設に合わせた管理を実施します。
繊維性床材
人の体に影響を及ぼす残留洗剤や浮遊粉塵がなく、脱臭、殺菌、ダニ退治も行えるスチームマシンによる高圧高温水洗浄を実施します。
石質性床材
ポリッシャーによる洗浄作業を基本としますが場所により撥水処理を行うなど汚れにくい床づくりにも力を入れます。
環境衛生業務
空気環境管理
・ビル管理法に基づいた浮遊粉塵量、一酸化炭素含有量、二酸化炭素含有量、湿度、相対湿度、気流について測定を行い、常に清浄な空気環境の維持に努めます。
・エアコンのフィルターを定期的に清掃し空調効率を高めます。
給水管理
飲料水用についてはビル管理法及び水道法によって規定されている貯水槽の清掃、水質検査、残留塩素測定を定期的に実施し、常に衛生的な環境を維持します。
排水管理
・雑排水槽、汚水槽などを定期的に清掃点検し、衛生環境を保ちます。
害虫駆除
・施設内において、ネズミ・ゴキブリ・ダニ等の害虫を駆除・防止する作業を行い、清潔な空間を維持します。
設備管理業務
運転監視
・設備常駐スタッフによる機器の制御と自動運転にて行います。
・運転状況は遠隔監視も組合せて二重監視体制で行うこともできます。
保守・点検
施設利用者の安全性、快適性、利便性を維持しつつ、合理的かつ効率的に点検業務を行います。業務実施にあたっては「維持保全マニュアル」の整備を図り品質を維持します。
施設のライフサイクルコスト管理
・建物維持管理に関わるあらゆる経費を長期的な視点で低減するための管理を行います。
・業務区分に従って、作業内容、作業工程作業人員等を現場ごとに確認する等、作業の適性化を継続的に実施します。
ファシリティマネジメント(FM)の考え方の導入
施設のあり方を最適な状態にするため、総合的、長期的視点に立ち、多面的な知識・技術を活用して計画的に保守管理を遂行します。
管理基準やマニュアルの整備
施設管理基準や標準作業書及び業務案内等のマニュアルを整備し、維持管理業務を計画的、効果的に実施します。
予防保全、時間計画保全
・建物の性能・機能を常に維持するために、予防保全、時間計画保全を基本に、業務計画書を策定し、定例会にて計画と実施状況をレビューします。
・業務計画書に沿って、計画的な診断により修繕・更新時期をあらかじめ把握して実施します。
状態監視保全、緊急保全
日常の維持管理や定期点検等において劣化や異常の発見、発生が予測される場合は、速やかに調査・診断を行い、修繕を検討し、必要に応じて保全措置を実施します。また、必要に応じて調査・診断結果を施設管理担当者様に報告します。
トータルマネジメント(その他のサポート業務)
清掃業務(前述の他の清掃業務)
・ガラス清掃
・外壁面清掃
・専用部清掃(入居前、入居中、退去後清掃)
保安警備業務(前述の他の業務)
・機械警備業務
・駐車場管理業務
自動販売機管理業務
コインと投入口や商品の取り出し口などに高齢者への配慮を施した自動機を積極的に導入
植裁管理業務
・樹木の健康管理
・剪定
・除草・草刈り
・レンタルシステムの構築
客室管理業務
・客室整備(ベットメーキングなど)
・パブリック清掃(日常、定期清掃)
廃棄物処理業務に関するご提案
・一般廃棄物処理に関するご提案
・産業廃棄物処理に関するご提案
・リサイクル対応による分別回収に関するご提案
その他
その他ご要望に応じたサービスをご提供可能です。